福祉住環境コーディネーター2級・3級の難易度・合格・勉強法

福祉住環境コーディネーターの試験範囲は膨大なので、全科目の勉強を終わった頃には、


最初に勉強した科目の内容を忘れています。


苦労して覚えた内容も記憶が定着していないと忘れてしまいます。


しかし、7分間のあるトレーニングをすれば、記憶力が10倍以上もアップし記憶が定着します。


そして、福祉住環境コーディネーター試験にも楽々合格することができます。






管理人からのご挨拶

福祉住環境コーディネーター,合格率,過去問,難易度,勉強法,給料,就職,問題集

福祉住環境コーディネーターって時々聞くけど、

 

実際にどんな仕事をしているの?と

 

不思議に思っている人は、多いのではないでしょうか。

 

私も最初はそうでした。

 

 

私は介護福祉士の仕事をしていますが、

 

福祉関係の仕事の中で、

 

一番実態がつかめなかったのが、

 

この福祉住環境コーディネーターなのです。

 

 

私の友人で、ケアマネージャーをしている人がいるのですが、

 

その彼女が、介護保険で住宅改修が可能になって、

 

その依頼が来ても、忙しくてなかなかうまく進まない、

 

福祉住環境コーディネーターがいればいいのに、

 

とこぼしたことから、私の興味が沸いたのです。

 

 

何とか勉強して、福祉住環境コーディネーターの資格を取りましたが、

 

私のように、福祉住環境コーディネーターについて、よく知らない人が多いことで、

 

認知度が上がらないことがもったいなくて、このサイトを作ってみました。

 

 

このサイトを見ることで、

 

・福祉住環境コーディネーターとは

 

・福祉住環境コーディネーターになるには

 

・福祉住環境コーディネーターの試験について

 

・福祉住環境コーディネーターの勉強方法

 

などがわかるようになります。

 

 

私個人の感想も多いので、

 

独りよがりな点もあるかもしれませんが、

 

福祉住環境コーディネーター試験の勉強中の人や、

 

福祉住環境コーディネーターを知らない人のために、

 

少しでも役に立てば・・・という気持ちでいます。


福祉住環境コーディネーターになるために通信講座を活用しよう!

福祉住環境コーディネーター,合格率,過去問,難易度,勉強法,給料,就職,問題集

福祉住環境コーディネーターの試験は独学でも合格できますが、

 

効率よく最短で合格したいなら、

 

通信講座を活用するのも一つの方法です。

 

 

通信講座のメリット

 

空いた時間を活用してマイペースで勉強ができる!

 

郵便、FAX、メールなどでプロの講師に直接質問ができる!

 

テキストや学習教材の質が高い!

 

予備校やスクールに通うよりもはるかに安い!

 

反復学習ができる!

 

電車の中や会社の休み時間など場所や時間を選ばずどこでも勉強できる!

 

 

通信講座は特に仕事が忙しくて、

 

まとまった学習時間が確保できない方や

 

近くにスクールがない方などに向いています。

 

 

最近では教材内容も充実してきており、

 

DVDやCD−ROMなどの動画を使って

 

分かりやすく解説してれている教材もあります。

 

 

費用対効果や合格率などを考えるとトータル的に考えて、

 

最良の勉強方法だと言えるのではないでしょうか?

 

 

通信講座のデメリット

 

書店の教材に比べると値段が高い!

 

自分で学習スケジュールを立てる必要がある!

 

モチベーションを維持するのが難しい!

 

 

通信講座は、自己管理ができない人には向いていません。

 

通信講座では、自分でスケジュールを立てて勉強していく必要があります。

 

 

また、仕事や家事などで疲れている場合は、

 

ついつい勉強するのが面倒になり、

 

「今日はやめておこう・・・」ということも簡単に出来てしまいます。

 

 

通信講座には受講期間というものがあります。

 

受講期間ならサポートを受けることが出来ますが、

 

受講期間を過ぎるとサポートを受けることが出来ません。

 

 

この為、勉強をサボってばかりいると

 

気がつけば受講期間が過ぎていて、

 

勉強中にわからないことがあっても

 

質問ができない状態になります。

 

 

こうなるとさらりモチベーションが下がってしまいます。

 

また、独学と違い通信講座の最大のメリットは質疑応答が出来ることです。

 

質疑応答が出来ないのであれば独学と同じです。

 

 

とは言っても、デメリットよりメリットの方が多いので

 

通信講座のメリットを最大限に利用して効率よく勉強しましょう。


通信講座(教育)の選び方

現在、通信講座には、教材の内容やサポート体制、

 

受講料など色々なものがあります。

 

 

全ての通信講座が良いとは言えません。

 

なかには、テキストの質が悪かったり、

 

サポートの質が悪かったりするものもあります。

 

 

高い受講料を支払ってから後悔していては遅いのです。

 

そこで、たくさんある通信講座の中から、

 

良い講座を選ぶためのコツをご紹介したいと思います。

 

コツを抑えれば、粗悪な通信講座を申し込む失敗をしなくもすみます。

 

 

ある程度、知名度がある会社を選ぶ!

 

 

テレビCMや新聞・雑誌などの広告で見る会社は、

 

会社の経営状況も安定しています。

 

自分が信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

 

 

教材内容がわかりやすく充実している講座を選ぶ!

 

 

通信講座の場合は、学習のメインはテキストなので、

 

このテキストの内容はとても重要です。

 

サンプルがあれば必ず自分の目で確かめるようにしましょう。

 

 

サポート体制が充実している講座を選ぶ!

 

 

質問の方法や、添削の回数、

 

講座の期間延長が可能かどうかなども確認しましょう。

 

電話・メール・FAXなど色々ありますので、しっかり確認しましょう。

 

また、どのくらいの期間で返事が来るのかも確認しましょう。

 

 

複数の資料を取り寄せて比較検討する!

 

 

同じ講座でも、会社によってその内容や受講料は異なります。

 

その為、たくさんある講座の中から、テキストや講座の特徴などが、

 

自分と合いそうな講座を選ぶようにしましょう。

 

また、合格率の高い講座を選ぶこともポイントです。

まずは、無料の資料請求から始めよう!

通信講座を検討している場合は、まず無料の資料を請求しましょう!

 

届いたパンフレットには、その講座の特徴や教材の内容、

 

受講者の体験談、業界の最新情報や現状などが詳しく記載されています。

 

 

ネットや一般書籍では手に入らない情報も無料でたくさん得ることが出来ます。

 

仮に独学で福祉住環境コーディネーター試験の勉強を考えている場合でも役に立ちます。

 

 

資料を請求する場合は、必ず複数の資料を請求するようにしましょう。

 

複数の資料があれば、各講座の特徴や違いを比較することが出来ます。

 

最低でも2,3社の資料を請求するようにしましょう。

 

 

資料請求後に電話などによる勧誘はありませんのでご安心下さい。

 

また、個人情報が漏洩する心配もありません。

 

最近では個人情報保護法の施行により、

 

各会社とも個人情報には特に気を使っています。

福祉住環境コーディネーターのおすすめ通信講座

 

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター(2級・3級)講座

 

福祉住環境コーディネーター,合格率,過去問,難易度,勉強法,給料,就職,問題集

 

■標準学習期間:6ヶ月

 

■学費:49,000円(分割払い 3,800円×13回)

 

■添削回数:7回(総合模試2回含む)

 

■質問方法:郵便、WEBメール、FAX

 

■1日の学習時間:30分〜60分

 

【ポイント1】

 

ユーキャンなら効率よく2級・3級のダブル合格が目指せます!

 

福祉住環境コーディネーターの試験は、同日午前と午後に掛け持ち受験が出来ます。

 

当講座は2級、3級両方に対応しています。

 

初心者でも6ヶ月でダブル合格が目指せます。

 

 

【ポイント2】

 

イメージが掴みやすいDVD教材付き!

 

改修した実在の住宅を取材し、その様子を収録したDVDと、
代表的な福祉用具とその使い方を映像で紹介したDVDをご用意。

 

映像で印象深く、重要な情報をしっかり覚えられます。

 

 

【ポイント3】

 

会報「福祉住NEWS」をお届け!

 

受講期間中、会報「福祉住NEWS」をお届けします。

 

試験に関する情報や学習に役立つ情報、福祉にまつわる話題などをお伝えします。

 

 

【ポイント4】

 

ムリなく分かる、イラストや図解満載のテキスト!

 

最初に学習のポイントをチェック出来ます。

 

ポイントとなる部分をクイズで楽しく知識の定着が出来ます。

 

試験の出題頻度が★印で表示され、重要度が一目でわかります。

 

イラストや図解が豊富でイメージしながら覚えられる工夫がされています。

 

文字が大きくて読みやすく、大事なところは太字で表示されています。

 

 

【ポイント5】

 

ちょっとした空き時間・試験直前に大活躍!「でるポケ」

 

過去の出題傾向を分析、重要事項800をしっかりおさえられるスグレモノ。

 

過去の試験を徹底的に分析し、試験に出やすい重要項目をまとめた教材。

 

新書判のハンディサイズだから、持ち歩きもカンタン、便利!

 

通勤時や空き時間にも実力強化できます。

 

 


福祉住環境コーディネーターの通信講座を一括で資料請求する方法

1件1件資料請求するのは、面倒だ・・・

 

このように思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで、オススメしたいのが一括で資料請求をする方法です。

 

VeeSCHOOL」というサイトを利用すると資格・スクールに関する

 

資料を20件まで一括で請求することが出来ます。

 

 

趣味の講座から資格の講座まで、

 

全国5万以上の講座情報が掲載されています。

 

 

スクール・講座の検索や無料で資料を一括請求をすることが出来ます。

 

多数の講座比較も出来るので、

 

よりあなたにピッタリのスクール情報をGETすることが出来ます。

 

 

福祉住環境コーディネーター通信講座の一括資料請求はコチラ!

 

福祉住環境コーディネーター通学講座の一括資料請求はコチラ!

福祉住環境コーディネーターの資格を独学で取得したい!

福祉住環境コーディネーターのスクールや通信講座を使わずに

 

できるだけお金をかけずに独学で福祉住環境コーディネーターの資格を取得したい

 

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

実は、452個の資格に合格してきた

 

資格取得のプロによる勉強法で勉強すれば、

 

独学で福祉住環境コーディネーターの資格を取得することが可能です。

 

 

この勉強法は、「試験で合格点を取る」ことだけが目的です。

 

この勉強法を知っていれば、最小の努力、最短時間で

 

試験に合格することが可能なのです。

 

 

この勉強法をおすすめしたいのは、こんな人です!

 

・独学で福祉住環境コーディネーターの資格が取りたい方。
・福祉住環境コーディネーター試験の勉強方法がわからない方。
・職場から福祉住環境コーディネーターの資格を取るように言われた方。
・とにかく短期間で福祉住環境コーディネーター試験に合格したい方。
・仕事が忙しく、勉強時間がなかなか取れない方。
・専門学校や通信講座で勉強したが身についていない方。
・過去に福祉住環境コーディネーターの勉強でうまくいかなかった経験のある方。
・福祉住環境コーディネーターの試験に一発で合格したい方。
・楽しんで福祉住環境コーディネーターを学びたい方。
・暗記に頼る勉強をしたいくない方。
・できるだけ努力と時間をかけることなく福祉住環境コーディネーターの資格を取りたい方。

 

 

まずは、今までの勉強の常識をひっくり返す

 

2分程度の動画をご覧下さい。

 

福祉住環境コーディネーター,合格率,過去問,難易度,勉強法,給料,就職,問題集


ゲーム